2015年05月07日

たけのその PANDA FESTIVAL まるぱ 夏

名酒【竹の園】から生まれたパンダ印の人気酒

iwc_medal_bronze_2013.png iwc_medal_bronze_2015.png

photo_sakenoichiza_japan_nihonshu_saga_yanoshuzo_pandafestival_summer2015_001_kugastudio.jpg

ニッポンのすてき再発見。ふんわり香る夏のぱんだ祭り

 やわらかな甘みがあっておいしい、九州 佐賀県鹿島市【多良岳(たらだけ)】の伏流水。その持ち味を活かして醸される美酒のつくり手【矢野酒造】さんから、やさしくピュアなおいしさで人気の日本酒【竹の園 ぱんだ祭り】の夏バージョンが今年もいよいよ蔵出しを迎えました。

 ふんわり上品な香りの中に、しゃんとキレのある味わい。やさしい旨みにナチュラルな酸味がきれいに溶け合います。モダンな感覚の中にもお米から醸される日本酒ならではの穏やかな品格を感じることのできる、クールジャパンダな日本酒です。

 冷やしトマトとか、エナジー満々なお肉とか、夏は元気の出るお料理がいいですよね。小振りのグラスにきゅっと冷やして一献、また一献、そんな嬉しいひとときによく似合う、さりげない魅力にハマる人続出中です。

 たのしいお食事やおしゃべりのひとときに。また、大切な方への感謝を伝えるちょっとだけ特別な贈り物としても、きっとお喜びいただける品です。手づくり酒蔵ならではの愛情と手間ひまかけたおいしさを、ごゆるりとどうぞ。


cataloguesite_sozai_button_kuwashiishohinjoho_800.png


photo_sakenoichiza_japan_nihonshu_saga_yanoshuzo_pandafestival_summer2015_002_kugastudio.jpg

photo_sakenoichiza_japan_nihonshu_saga_yanoshuzo_pandafestival_summer2015_001_kugastudio.jpg

* 手づくり商品のため品薄の場合があります。予めご了承ください。

◆ たけのその PANDA FESTIVAL まるぱ 夏
たけのその ぱんだまつり まるぱ なつ
takenosono panda festival marupa emblem summer special
japanese sake


味わいのタイプ / ふんわり上品な香り。軟水由来のやわらかな旨み
愉しみ方 / 冷やしてストレートでどうぞ
アルコール分 / 15%
うつわ / お気に入りのグラスでごゆるりと
お料理 / アミューズなど前半から中盤のお料理によく合います

仕込み水 / 九州 佐賀県【多良岳たらだけ山系伏流水】使用

720ml瓶入商品 1600円(* 消費税を含まない価格です)
一升瓶入商品 3000円(* 消費税を含まない価格です)

製造責任者 / 矢野元英やのもとひで
製造元 / 九州 佐賀県鹿島市【矢野酒造株式会社】

* とてもデリケートな商品です。必ず直射日光や高温を避け、温度変化の少ない冷暗所で保管ください。栓をあけたら必ず冷蔵庫へ入れ、なるべくお早めにお召し上がりください。

原材料 / 米(国産)、米こうじ(国産米)
・アルコール度数 15度
・酒米の品種 / 美山錦、山田錦
・精米歩合 / 55%
・酵母 / 1801、F7
・日本酒度 / +−0
・酸度 / 1.6
・貯蔵 / 冷温貯蔵(* フレッシュ感を保つため冷温貯蔵を選択しています)






4期改善版 / 2015年05月14月(木曜日)
3期改善版 / 2014年05月19月(月曜日)
2期改善版 / 2013年05月20月(月曜日)

発売日 / 2012年06月11月(月曜日)
販売店 / 日本全国の高級和酒専門店、百貨店、海外
販売元 / 中村酒類販売株式会社(九州 佐賀県多久市)
製造元 / 矢野酒造株式会社(九州 佐賀県鹿島市)
写真 / 久我スタジオ 久我秀樹さん(九州 佐賀県佐賀市)
パンダのイラスト / sou product 渡辺恭子さん
デザイン / PRIUSDESIGN
研究企画開発 / のみざる





◆ p h o t o







◆ つくり手【矢野酒造】のご紹介

技と心を伝えて二百年
 寛政八年の創業以来、当地で二百年に亘り日本酒造りを続けてまいりました。良質の水どころとして名高い【多良岳(たらだけ)】山系の良質な水と、地元佐賀の熱心な農家の育てた酒造米を大切に、その良さを活かすことに意識を注いで、品質重視の日本酒を醸しております。

小さくてもキラリと光る蔵でありたい
 石数わずか600石程度の小さな蔵ですが、平成十年頃さらなる品質向上を志し、代表自ら蔵入りして杜氏とともに二人三脚の日本酒造りを始めました。以降、全国鑑評会やコンテストでの受賞を多数戴くようになり、又、お客様ファンの方々からも多くお褒めのお言葉、お便りをいただけるようになりました。誠にありがとうございます。

温故知新をモットーに
 今後の中心を純米酒づくりに置き特に力を入れたく、平成十六年に【純米酒宣言】を発表。温故創新の精神をモットーに、古きものの良さを生かしつつ、同時に、新しい創造へのチャレンジも大切にする酒蔵でありつづけたいと願っております。


◆ 【矢野酒造】公式サイト
http://www.yanoshuzou.jp/

〒849-1311 九州 佐賀県鹿島市高津原3903番地1






◆ 【さけのいちざ(Sakenoichiza JAPAN)】のご紹介

  酒蔵を持たない酒造メーカーとも呼ばれる【さけのいちざ】は、九州の酒文化集団です。1999年より【ニッポンの伝統・和酒ファンの輪を広げたい】という想いから、土地土地の上質な素材を活かした特徴ある酒類やノンアルコール飲料を研究・開発・育成しています。


* 右クリックで保存。左クリックでPDFがひらきます。(356KB)

≪ さけのいちざへの連絡先 ≫
さけのいちざ プロデューサー 小平ゆきえ
https://www.facebook.com/kohirayukie
電話 / 080-1745-4466
受付時間 / 月曜日〜金曜日の朝10:00〜夕方17:00迄





  トップページへ


posted by さけのいちざ at 13:16| 日本酒 (さけのいちざの日本酒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。