2015年04月11日

和のノンアルコール フリーダ 完熟マンゴー

とろりんとおいしい。和のノンアルコール


sakenoichiza_japan_fukuoka_nonalcohol_housebottlers_freeda_mango_800_003.jpg

ゆったりたのしむジューシィな果実味。完熟マンゴーのノンアルコール

 ふんわり包み込まれるほどにトロピカルなマンゴーの香りと、たっぷりジューシィな果実感。

 果実味たっぷりな高級品種【アルフォンソマンゴー】ならではのナチュラルで濃厚な美味しさをゆったりとお楽しみいただける、こだわりのノンアルコールです。

 和食に合うおいしさ・焼き鳥や居酒屋メニューの名脇役をテーマに仕上げた濃厚ボディのノンアルコール【フリーダ 完熟マンゴー】をお楽しみください。

 リッチな果実味が魅力の【アルフォンソマンゴー】。燦々と注がれる太陽の恵みに育まれた、その魅力を引き出す丁寧なつくりで、充実感のある【たっぷりジューシィなおいしさ】をお愉しみいただけます。

 香り高い完熟梅の魅力いっぱいな【梅とろりん】につづく、和のノンアルコール【フリーダ 0.00%】のニューフェイス。呑めないシーン呑まないシーンのほかスポーツや登山にもお役立ちな、美味しい0.00%の新登場です。

 コロンと氷を浮かべてゆったり愉しむ【オンザロックス】のほか、近頃のおすすめは【のむヨーグルト割り】です。まろやかで飲みやすいおいしさが好評なんです。ジンジャーやトニックと1:1で合わせる爽やかなスパークリングスタイルもおすすめですよ。

 たのしいお食事やおしゃべりのひとときに。また、大切な方への感謝を伝えるちょっとだけ特別な贈り物としても、きっとお喜びいただける品です。手づくり酒蔵ならではの愛情と手間ひまかけたおいしさを、ごゆるりとどうぞ。




cataloguesite_sozai_button_kuwashiishohinjoho_800.png


sakenoichiza_japan_fukuoka_nonalcohol_housebottlers_freeda_mango_800_007.jpg

sakenoichiza_japan_fukuoka_nonalcohol_housebottlers_freeda_mango_800_001.jpg

sakenoichiza_japan_fukuoka_nonalcohol_housebottlers_freeda_mango_800_005.jpg

sakenoichiza_japan_fukuoka_nonalcohol_housebottlers_freeda_mango_800_003.jpg

* 手づくり商品のため品薄の場合があります。予めご了承ください。

◆ 和のノンアルコール フリーダ 完熟マンゴー
freeda ripe mango
alcohol free party drink
ready to serve


味わいのタイプ / とろりんとリッチな果実味
おすすめの愉しみ方 / オンザロック、のむヨーグルト割り、1:1でソーダ割り
アルコール分 / 0.00%
うつわ / お気に入りのグラスでごゆるりと
お料理 / 洋食にも和食にも、中華にも、スイーツにも

* ふんわり果肉入り。よく振ってお召し上がりください。

720ml瓶入商品 1000円(* 消費税を含まない価格です)

製造元 / 九州 福岡県豊前市【ハウスボトラーズ】
製造責任者 / 尾家正芳おいえまさよし

* とてもデリケートな商品です。必ず直射日光や高温を避け、温度変化の少ない冷暗所で保管ください。
* 栓をあけたら必ず冷蔵庫へ入れ、なるべくお早めにお召し上がりください。


原材料名 / 果糖ぶどう糖液糖、マンゴー、パッションフルーツ、米あめ、安定剤(ペクチン)、酸味料、黒米酢





5期改善版 / 2014年07月02日(水曜日)〜
(* デザインを変更)
4期改善版 / 2013年07月01日(月曜日)〜
(* 香味設計を調整)
3期改善版 / 2012年12月14日(金曜日)〜
(* デザインを変更)
2期改善版 / 2012年01月05日(木曜日)〜
(* 香味設計を調整)

発売日 / 2011年11月01日(火曜日)
販売店 / 日本各地の高級和酒専門店、百貨店、海外
販売元 / 株式会社高野総本店株式会社小泉商店、中村酒類販売株式会社
製造元 / ハウスボトラーズ(九州 福岡県豊前市)
写真 / 久我スタジオ 久我秀樹さん(九州 佐賀県佐賀市)
デザイン / PRIUSDESIGN
研究企画開発 / さけのいちざ





◆ p h o t o








和の旨みあふれる、江戸期創業【小笠原商店】一子相伝の米あめ

 日本酒仕込みの梅酒のような優しくてまろやかな味を、お米の生み出すあのなんともいえない【和のうまみ】をノンアルコールにも活かしたくて、様々な素材を試す中で、お米から醸される日本古来の伝統食品【米あめ】のつくり手に、わたしたちは出会いました。

 九州屈指のうまい水のみなもと【多良岳(たらだけ)】を抱く佐賀県鹿島市で、江戸時代から(1822年〜)営まれてきた【米あめ】づくりの老舗【小笠原商店】さん。一子相伝の7代目・藤田社長が毎朝仕込むこの黄金色の米あめには、お米のコクとたっぷりのアミノ酸=旨味が含まれており、舐めてみるとトロ〜リ重厚な味が広がります。それでいて甘みは砂糖の4割程度と優しく、絹のようになめらかな口溶けが印象的な、まさしく日本らしく奥ゆかしい味わい。

 そのお米の旨味ゆたかな【米あめ】の持ち味を活かすことで、【フリーダ 0.00%】は、フルーティな中にもどこか懐かしさのある【和の魅力】をあわせ持った、【和のノンアルコール】として、誕生しました。

◆ 【小笠原商店】公式サイト
http://www.e-ame.com/


◆ 【小笠原商店】紹介記事(* 金丸弘美のスローライフ)
http://www.banraisya.co.jp/kanamaru/yurachi/



* 【米あめ】は、蒸したお米に麦芽を少量加えて造られる麦芽糖の一種で【日本書紀】にも登場するほど起源は古く千年以上の歴史があるいわれます。現代では【マクロビオティック】など自然との共生を意識したライフスタイルの方々を中心に、マドンナやトム・クルーズ他ハリウッドの著名人にも愛用されていることも有名です。



Dvc00057.jpgDvc00059.jpgDvc00058.jpg
Dvc00054.jpgDvc00053.jpgDvc00052.jpg

Dvc00051.jpg





◆ 【さけのいちざ(Sakenoichiza JAPAN)】のご紹介

  酒蔵を持たない酒造メーカーとも呼ばれる【さけのいちざ】は、九州の酒文化集団です。1999年より【ニッポンの伝統・和酒ファンの輪を広げたい】という想いから、土地土地の上質な素材を活かした特徴ある酒類やノンアルコール飲料を研究・開発・育成しています。


* 右クリックで保存。左クリックでPDFがひらきます。(356KB)

≪ さけのいちざへの連絡先 ≫
さけのいちざ プロデューサー 小平ゆきえ
https://www.facebook.com/kohirayukie
電話 / 080-1745-4466
受付時間 / 月曜日〜金曜日の朝10:00〜夕方17:00迄





  トップページへ


posted by さけのいちざ at 22:07| 和のノンアルコール (アルコール0.00%) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。