2015年05月06日

フルフル 太陽のたまご

【国産マンゴーの頂点】を実感してください。



sakenoichiza_yamanokotobuki_furufuru_taiyonotamago_500_001.jpg

究極の果実【太陽のたまご】の まったり&リッチな熟成感

 神話のさと・宮崎県から届いた稀少な高級マンゴーの代名詞【太陽のたまご】を、丁寧にひとつひとつ皮をむいて仕込んだ、特製の和リキュールです。

 濃厚でゴージャスな甘みと果実味を持ち、上質な国産マンゴーの頂点とも評される【太陽のたまご】。その究極の果実から生まれた、まったり&リッチな熟成感を、ぜひ実感してください。

* 本品に使用するマンゴーは九州 宮崎県産【太陽のたまご】のみ100%です。

 コロンと氷を浮かべてゆったり愉しむ【オンザロックス】のほか、近頃のおすすめは【のむヨーグルト割り】です。まろやかで飲みやすいおいしさが好評なんです。シャンパーニュや辛口のスパークリングワイン、ジンジャーやトニックと1:1で合わせる爽やかなスパークリングスタイルもおすすめですよ。

 ウェディングプランナーとして活躍後に酒蔵の伝統を受け継いだ8代目・山口郁代さんが【和酒の魅力を発信したい】という想いを込めた人気のフルーツ酒。楽天市場の人気梅酒ランキング第1位、日経の梅酒特集で第2位に選ばれた酒蔵リキュール【フルフル】シリーズの新作です。

 たのしいお食事やおしゃべりのひとときに。また、大切な方への感謝を伝えるちょっとだけ特別な贈り物としても、きっとお喜びいただける品です。手づくり酒蔵ならではの愛情と手間ひまかけたおいしさを、ごゆるりとどうぞ。




cataloguesite_sozai_button_kuwashiishohinjoho_800.png


RSQ-5598.jpg



sakenoichiza_yamanokotobuki_furufuru_taiyonotamago_500_001.jpg

* 手づくり商品のため品薄の場合があります。予めご了承ください。

◆ フルフル 太陽のたまご
ふるふる たいようのたまご
fullfuruity taiyonotamago prestage ripe mango liqueur
ready to serve


味わいのタイプ / まったり&ゴージャスな果実味
おすすめの愉しみ方 / オンザロック、のむヨーグルト割り、シャンパンカクテル
アルコール分 / 11%
うつわ / お気に入りのグラスでごゆるりと
お料理 / 洋食にも和食にも、中華にも、スイーツにも

* ふんわり果肉入り。よく振ってお召し上がりください。

720ml瓶入商品 1600円(* 消費税を含まない価格です)
一升瓶入商品 3333円(* 消費税を含まない価格です)

製造責任者 / 山口郁代やまぐちいくよ
製造元 / 九州 福岡県久留米市【山の壽やまのことぶき酒造株式会社】

* とてもデリケートな商品です。必ず直射日光や高温を避け、温度変化の少ない冷暗所で保管ください。
* 栓をあけたら必ず冷蔵庫へ入れ、なるべくお早めにお召し上がりください。


原材料名 / マンゴー、パッションフルーツ、梅、清酒、単式蒸留焼酎、醸造アルコール、糖類、酸味料、香料 ほか

* 本品に使用するマンゴーは九州 宮崎県産【太陽のたまご】のみ100%です。





2期改善版 / 2013年05月27日(月曜日)〜

発売日 / 2012年10月01日(月曜日)
販売店 / 日本各地の高級和酒専門店、百貨店、海外
販売元 / 株式会社小泉商店、中村酒類販売株式会社
製造元 / 山の壽酒造株式会社(九州 福岡県久留米市)
写真 / 久我スタジオ 久我秀樹さん(九州 佐賀県佐賀市)
スタジオW 鶴留一彦さん(九州 福岡県北九州市)
デザイン / sou product 渡辺恭子さん、PRIUSDESIGN
研究企画開発 / さけのいちざ





◆ p h o t o g r a p h






◆ 関 連 商 品






◆ つくり手【山の壽酒造株式会社】のご紹介

創業、そして、第二の創業
 世界的アーティスト葛飾北斎や歌川広重が活躍した江戸末期、九州 福岡県久留米市(くるめ)に造り酒屋として創業。以来約180年にわたり地元産の酒米と湧水の個性を活かした地産地消の酒づくりに励んできました。平成3年、列島を襲った台風19号により歴史ある造り蔵が全壊。廃業の声もあがる中、7代目・山口伊平は熱い想いを胸にゼロからの再建に挑み、2年後には蔵を再建、酒蔵は新たな鼓動を刻み始めました。

ロケーション
 福岡県の南西部に位置する久留米(くるめ)市は【とんこつラーメン】の発祥地。また世界最大のタイヤメーカー【ブリヂストン】の創業地でもあります。阿蘇に源流を辿る筑後川が潤すこの平野にはかつては多くの酒蔵が軒を連ね、兵庫の灘(なだ)、京都の伏見(ふしみ)と共に【日本三大酒どころ】として栄えました。町名の北野は蔵近くに建つ北野天満宮に由来。ご存じのように梅に縁ある菅原道真公をお祭りした神社です。

◆ 【山の壽酒造株式会社】
http://yamanokotobuki.seesaa.net/

〒830-1125 九州 福岡県久留米市北野町乙丸1番地



 

* 右クリックで保存。左クリックでPDFがひらきます。





◆ 【さけのいちざ(Sakenoichiza JAPAN)】のご紹介

  酒蔵を持たない酒造メーカーとも呼ばれる【さけのいちざ】は、九州の酒文化集団です。1999年より【ニッポンの伝統・和酒ファンの輪を広げたい】という想いから、土地土地の上質な素材を活かした特徴ある酒類やノンアルコール飲料を研究・開発・育成しています。


* 右クリックで保存。左クリックでPDFがひらきます。(356KB)

≪ さけのいちざへの連絡先 ≫
さけのいちざ プロデューサー 小平ゆきえ
https://www.facebook.com/kohirayukie
電話 / 080-1745-4466
受付時間 / 月曜日〜金曜日の朝10:00〜夕方17:00迄





  トップページへ





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。