2015年05月07日

シャルドネ正宗 太陽のリゼルヴァ

日本ならではの逸品シャルドネ


photo_sakenoichiza_japan_wine_kumamoto_chardonnaymasamune_taiyonoriserva_reserve_2015_002_kugastudio.jpg

九州のゆたかな自然に育まれた、日本ならではの逸品シャルドネ

 【シャルドネ正宗】は、日本料理に関わる方々と語らう中でお寄せいただいたご要望をきっかけに、九州のワイナリー【熊本ワイン】の皆さんに相談に伺ったのがはじまりとなった、特注醸造の白ワインです。

 ここ日本のゆたかな太陽・水・大地の恵みによって育まれたワインですので、不思議とそのためか、一般にはむずかしいといわれる【お醤油】【わさび】【ゆず】【山椒】など和の味覚との相性も優れており、また、普段は日本酒や焼酎派というお客様にも幅広く好評いただいている、親しみやすいおいしさの日本のワインです。

 グラスに注ぐと、様々な〈シトラス〉や〈青りんご〉〈白いお花〉など素直でやさしいアロマがふっと香りはじめます。口当たりはスッと涼しげな酸味が特徴の辛口で、香りそのままのナチュラルな果実味の奥に、丁寧に育てられた(契約栽培)シャルドネ種ならではのエレガントな余韻が続きます。

(* 日月を重ねると《蜜リンゴ》や《ピーチ》的な香りへ変化してゆきます)

 クセのないおいしさで、たのしいお食事やおしゃべりのひとときをさらに美味しく・たのしくしてくれる、名脇役な食卓のワインです。和食にも・洋にも中華にも、ジャンルを問わず、お好みのスタイルでお愉しみください。キンと冷やすと野菜料理やさっぱりしたものによく合い、すこし温度があがってくるとコクのあるお料理にもよく合います。

 銘醸【熊本ワイン】の限定キュヴェ。卓越した醸造家たちが描き出す想いを映したワインは、雑味のないピュアなフルーツ感と適度なミネラルがもたらす香味バランスがとても心地よく、その素晴らしい構成力は【熊本ワイン】という実力ワイナリーの確かな品質を物語っています。

 たのしいお食事やおしゃべりのひとときに。また、大切な方への感謝を伝えるちょっとだけ特別な贈り物としても、きっとお喜びいただける品です。手づくり酒蔵ならではの愛情と手間ひまかけたおいしさを、ごゆるりとどうぞ。


cataloguesite_sozai_button_kuwashiishohinjoho_800.png


photo_sakenoichiza_japan_wine_kumamoto_chardonnaymasamune_taiyonoriserva_reserve_2015_003_kugastudio.jpg

photo_sakenoichiza_japan_wine_kumamoto_chardonnaymasamune_taiyonoriserva_reserve_2015_004_kugastudio.jpg

photo_sakenoichiza_japan_wine_kumamoto_chardonnaymasamune_taiyonoriserva_reserve_2015_001_kugastudio.jpg

photo_sakenoichiza_japan_wine_kumamoto_chardonnaymasamune_taiyonoriserva_reserve_2015_002_kugastudio.jpg

* 手づくり商品のため品薄の場合があります。予めご了承ください。

◆ シャルドネ正宗 太陽のリゼルヴァ
しゃるどねまさむね たいようのりぜるヴぁ
chardonnay masamune taiyo no riserva(reserve)
japanese dry white wine


味わいのタイプ / 透明感のあるフルーティな辛口
愉しみ方 / 氷たっぷりのワインクーラーできりりと冷やして
アルコール分 / 13%
うつわ / お気に入りのワイングラスでごゆるりと
お料理 / 洋食にも和食にも、中華にも

* 醸造数量・販売店限定の特注商品です。予めご了承ください。

製造責任者 / 幸山賢一こうやまけんいち
製造元 / 九州 熊本県熊本市【熊本ワイン株式会社】

720ml瓶入商品 2000円(* 消費税を含まない価格です)

* とてもデリケートな商品です。必ず直射日光や高温を避け、温度変化の少ない冷暗所で保管ください。
* 栓をあけたら必ず冷蔵庫へ入れ、なるべくお早めにお召し上がりください。
* 冷蔵庫に保管している間に酒石酸の結晶が沈殿する場合がありますが、異常ではありません。


原材料名 / ワイン用ぶどう
・ぶどう品種 / シャルドネ種100%(全量契約栽培)
・テロワール / 九州 阿蘇山麓 熊本県菊鹿(きっか)町






6期改善版 / 2015年05月11日(月曜日)〜
(* 商品名 / 太陽のリゼルヴァ)
5期改善版 / 2014年02月21日(金曜日)〜
(* 商品名 / 太陽と大地のリゼルヴァ)
4期改善版 / 2013年02月18日(月曜日)〜
(* 商品名 / 太陽と大地のリゼルヴァ)
3期改善版 / 2012年02月18日(土曜日)〜
(* 商品名 / Volcanique Soul)
2期改善版 / 2011年02月18日(金曜日)〜
(* 商品名 / Cuvee Special 634)

発売日 / 2010年02月18日(木曜日)
(* 商品名 / Cuvee Special 634)
販売店 / 日本各地の高級和酒専門店、百貨店、海外
販売元 / 中村酒類販売株式会社(九州 佐賀県多久市)
製造元 / 熊本ワイン株式会社(九州 熊本県熊本市)
写真 / 久我スタジオ 久我秀樹さん(九州 佐賀県佐賀市)
デザイン / PRIUSDESIGN
研究企画開発 / さけのいちざ





◆ p h o t o g r a p h






◆ トリスケル(トリプルスパイラル 巴紋)

sozai_triskele_004.png

 渦巻きはとても古くから存在するシンボルで北欧の巨石文明にも見られるほか日本では縄文時代の土偶に多く見られます。

 3つの渦は【太陽・水・大地】そして【満ちる月・欠ける月・そして満月】を表し、誕生・復活を続けるその永遠のエネルギーを暗示しています。

 何かひとつが欠けたりすることなく躍動するバランスの大切さを穏やかに語りかけてくれる、不思議な力を秘めたシンボルです。





◆ 契約栽培地【菊鹿(きっか)】(九州 熊本県山鹿市菊鹿町)

photo_kumamotowine_kikka_002.jpgphoto_kumamotowine_kikka_004.jpgphoto_kumamotowine_kikka_001.jpgphoto_kumamotowine_kikka_003.jpg

 阿蘇のふもと。今から約1700年ほど前には未だ湖の中にあったといわれる熊本県山鹿市【菊鹿(きっか)】。清らかな湧き水に代表されるピュアで実り豊かな菊鹿テロワールの恵みを、やわらかくリッチな果実味のシャルドネが伝えてくれます。

 土壌は上質な白ワインを産するという【花崗岩(かこうがん)】が主体です。特徴として地下6〜8メートル辺りの地層に日本刀の原料となる【砂鉄】の層がみられます。この【菊鹿】も含まれる【菊池川(きくちがわ)】流域には砂鉄を使う古代製法【たたら製鉄】の痕跡が多数残されており、この地が古代の博多港などと同様にとても早い時期から大陸・海外との交流が盛んな重要地域であったことが伺えます。





◆ つくり手【熊本ワイン】のご紹介

photo_kumamotowine_winery_001.jpgphoto_kumamotowine_nanatsuboshi_001.jpgphoto_kumamotowine_grape_001.jpg

世界が注目し始めた実力のワイナリー
 南半球や日本を含むアジアは、伝統産地のヨーロッパに対しワインの新世界と呼ばれます。【熊本ワイン】は設立からまだ年浅い頃から怒涛の受賞歴で注目を集めてきた【品質本位】の実力派ワイナリーで、とくに2009年のワインコンテスト JWC 2009 における白ワイン部門の【新世界最優秀トロフィー】授与を契機に、名実共に新世界最上のワイナリーのひとつに数えられるようになりました。

九州のヘソ【阿蘇】のふもとより愛を込めて
 平成11年(1999年)、九州の熊本県熊本市に設立。以来、自然と共存する【地産地消】をモットーに、決して利益追求型の大量生産ではなく、手間暇かけた【品質本位】のワインをつくっています。始めは4ヶ所の契約農場から始まり地道に研究を重ねました。温暖な熊本県の気候はワインづくりに適したブドウを育てる環境である反面、梅雨等のリスクもあります。数々の困難を乗り越え、問題をクリアして、今では12の農家さんと協働で【地産地消】のブドウ栽培に取り組んでいます。地球環境にやさしい企業を目指し【素敵でおいしい時間】と【安心・安全】を大切な方と楽しんでいただく、そんなワイナリーを目指しています。

◆ 【熊本ワイン】公式サイト
くまもとわいん
http://www.kumamotowine.co.jp/

〒861-5533 九州 熊本県熊本市和泉町字三ッ塚168-17



photo_kumamotowine_news_001.png





◆ 【さけのいちざ(Sakenoichiza JAPAN)】のご紹介

  酒蔵を持たない酒造メーカーとも呼ばれる【さけのいちざ】は、九州の酒文化集団です。1999年より【ニッポンの伝統・和酒ファンの輪を広げたい】という想いから、土地土地の上質な素材を活かした特徴ある酒類やノンアルコール飲料を研究・開発・育成しています。


* 右クリックで保存。左クリックでPDFがひらきます。(356KB)

≪ さけのいちざへの連絡先 ≫
さけのいちざ プロデューサー 小平ゆきえ
https://www.facebook.com/kohirayukie
電話 / 080-1745-4466
受付時間 / 月曜日〜金曜日の朝10:00〜夕方17:00迄





  トップページへ


posted by さけのいちざ at 13:16| シャルドネ正宗 (九州熊本の純国産ワイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。