2015年04月11日

うめせんにん 門司港バナナ

ふんわりバナナのジューシィな果実味


sakenoichiza_japan_photo_kobayashi_shuzo_umesennin_mojiko_banana_glass_bottle_500_001.jpg

レトロ浪漫の街【門司港(もじこう)】育ちのバナナリキュールです。

 九州の玄関口として栄え、明治のむかしより重要なバナナの輸入港だった、九州福岡県の【門司港(もじこう)】で生まれたバナナのお酒です。

 ボトルデザインの真ん中にはたわわに実った黄色いバナナ。瓶底にはバナナの果肉(ピューレ)がとろとろ沈んでいます。

 容器をかるく振ってそっとグラスに注げば、甘く爽やかなバナナの香りがふんわりと漂ってきます。予想したよりも甘さひかえめで、すっきりフルーティな口当たり。

 充実感のあるジューシィな果実味と、あと口のキュートな爽やかさで、幅広い皆様にご好評いただいている、地元自慢のロングセラー商品です。

 コロンと氷を浮かべてゆったり愉しむ【オンザロックス】のほか、近頃のおすすめは【のむヨーグルト割り】です。まろやかで飲みやすいおいしさが好評なんです。シャンパーニュや辛口のスパークリングワイン、ジンジャーやトニックと1:1で合わせる爽やかなスパークリングスタイルもおすすめですよ。

 たのしいお食事やおしゃべりのひとときに。また、大切な方への感謝を伝えるちょっとだけ特別な贈り物としても、きっとお喜びいただける品です。手づくり酒蔵ならではの愛情と手間ひまかけたおいしさを、ごゆるりとどうぞ。




cataloguesite_sozai_button_kuwashiishohinjoho_800.png


sakenoichiza_japan_photo_kobayashi_shuzo_umesennin_mojiko_banana_glass_bottle_500_002.jpg

sakenoichiza_japan_photo_kobayashi_shuzo_umesennin_mojiko_banana_glass_bottle_500_004.jpg

sakenoichiza_japan_photo_kobayashi_shuzo_umesennin_mojiko_banana_glass_bottle_500_001.jpg

* 手づくり商品のため品薄の場合があります。予めご了承ください。

◆ うめせんにん 門司港バナナ
うめせんにん もじこうばなな
umesennin mojiko banana liqueur
ready to serve


味わいのタイプ / とろ〜り果肉&すっきりフルーティ
おすすめの愉しみ方 / オンザロック、のむヨーグルト割り、シャンパンカクテル
アルコール分 / 9%
うつわ / お気に入りのグラスでごゆるりと
お料理 / 洋食にも和食にも、中華にも、スイーツにも

* ふんわり果肉入り。よく振ってお召し上がりください。

原材料名 / バナナ、パッションフルーツ、梅、清酒、醸造アルコール、糖類、酸味料、香料、ほか

180mlミニボトル 476円(* 消費税を含まない価格です)
720ml瓶入商品 1400円(* 消費税を含まない価格です)
一升瓶入商品 2800円(* 消費税を含まない価格です)

製造責任者 / 冨安正規とみやすまさのり
製造元 / 九州 福岡県糟屋郡【株式会社小林酒造本店】

* とてもデリケートな商品です。必ず直射日光や高温を避け、温度変化の少ない冷暗所で保管ください。
* 栓をあけたら必ず冷蔵庫へ入れ、なるべくお早めにお召し上がりください。






4期改善版 / 2013年10月23日(水曜日)〜
3期改善版 / 2011年02月14日(月曜日)〜
2期改善版 / 2010年11月11日(木曜日)〜

発売日 / 2008年08月07日(木曜日)
販売店 / 日本各地の高級和酒専門店、百貨店、海外
販売元 / 株式会社高野総本店株式会社小泉商店、中村酒類販売株式会社
製造元 / 株式会社小林酒造本店(九州 福岡県糟屋郡宇美町)
写真 / 久我スタジオ 久我秀樹さん(九州 佐賀県佐賀市)
デザイン / PRIUSDESIGN
研究企画開発 / さけのいちざ





◆ p h o t o






photo_kobayashishuzo_001.jpgphoto_kobayashishuzo_002.jpg
photo_kobayashishuzo_003.jpgphoto_kobayashishuzo_004.jpg

◆ つくり手【小林酒造本店】のご紹介

九州の首都・博多の名門蔵
 九州の首都とも呼ばれる大都市【博多(はかた)】の銘酒として歴史を刻む【萬代(ばんだい)】醸造元。創業は寛政四年。明治34年には【パリ万国博覧祭】に出品、明治44年には【第3回全国清酒品評会】で全国第1位を受賞、宮内省にも献納された実績をもつ誉れ高き日本酒蔵です。

九州産の高級フルーツに新しいファンの輪
 八代目の現社長・小林弘氏が門司港のご出身ということもあってひょんなご縁から【うめせんにん 門司港バナナ】を製造することになり…21世紀に新たなチャレンジを始動。以降、【屋久島たんかん】【めろめろメロン】など上質で個性ある九州産の高級フルーツを活かしたリキュールを発表し、そのファンの輪は日本全国へと広がろうとしています。

◆ 【小林酒造本店】公式サイト
http://sakebandai.com/

〒811-2101 九州 福岡県糟屋郡宇美町宇美2-11-1






◆ 【さけのいちざ(Sakenoichiza JAPAN)】のご紹介

  酒蔵を持たない酒造メーカーとも呼ばれる【さけのいちざ】は、九州の酒文化集団です。1999年より【ニッポンの伝統・和酒ファンの輪を広げたい】という想いから、土地土地の上質な素材を活かした特徴ある酒類やノンアルコール飲料を研究・開発・育成しています。


* 右クリックで保存。左クリックでPDFがひらきます。(356KB)

≪ さけのいちざへの連絡先 ≫
さけのいちざ プロデューサー 小平ゆきえ
https://www.facebook.com/kohirayukie
電話 / 080-1745-4466
受付時間 / 月曜日〜金曜日の朝10:00〜夕方17:00迄





  トップページへ





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。